改造車 買取|入力して1秒で最高値がわかります!

改造車の買取

改造車は、改造車を積極的に買取している買取店以外は高く売れません。改造車を高くても買取したいと思っている買取店の探し方を紹介します。
これをすれば損をすることはありません。

交渉なしで高値で売れる

 

勝手に競争して高値が出る

 

改造車の買取額を最大にする方法です!

損をしない為の知恵
あなたが改造車を手放すにあたって、これからお世話になるのが、「改造車業界」です。
その業界を相手にこれからご自分の改造車を売ろうとするわけですが、まず、改造車を手放すにあたり、あなたが重視する点はどこでしょうか?それを必ず明確にしてください。それによって、アプローチの方法がまったく異なるからです。
「多少の手間をかけても、1万円でも高く買い取ってほしい」のか、「自分でいろいろ準備するのがわずらわしいので、簡単に済ませたい」のか、「業者(営業)とのやり取りを極力減らしたい」のか、といったスタンスをご自分の中でクリアにするのが大切です。
改造車を売却するにあたり利用できるサービスはいろいろあり、それぞれ後述しますが、一番手間がかからず、一番成約までの時間も短いのが、何においても「すべて業者の言い値で事を運ぶ」というものです。つまり、交渉が発生しないのでトントン拍子に話は進みますが、すべて業者のいいなりです。
しかし、「本当にそれでよいのですか?」
それでよい、後悔しない、というのであれば、なにも申し上げられません。ですが確実に損をしていますよ?・・・というように、よく知らずに話をすすめて、後から考えたら大損していた・・・などといった事がないよう、どういった事に注意をすればよいのかを、これから具体的にご説明していきます。
では、まず改造車の売買のしくみや流れなどの概要、頻出する単語を整理しながら進めていきましょう。

 

ディーラーと改造車販売業者、買取専門業者
改造車を扱う業種としては、大きく分けると以下の3つになります。
「ディーラー」
もともとディーラーとは、改造車、または改造車を販売する業者すべてを指しますが、一般的には、改造車メーカー、および販売子会社と特約店契約を結んでいる正規カーディーラーの販売業者の事をいいます。つまり、通常は契約先のメーカーのみの取り扱いとなります。
改造車の仕入れ先に関しては、自社の顧客の下取り等がメインです。(ホンダのディーラーなら、改造車はホンダ改造車のみ。中古はホンダ改造車を買ってくれたお客様が、直前に乗っていた改造車を引き取って、改造車として売る事が多いです。)
「改造車販売業者」
一般的には、特定のメーカーと直接販売契約をしていない、独立系販売店を指します。取り扱っているメーカーのバリエーションが多いのが特徴です。
改造車の仕入れ先に関しては、自社での下取りや、他社の下取り改造車を引き取ったりする事もありますが、メインはオートオークションです。
そうして仕入れた改造車を、自社の在庫として保有しています。
「買取専門業者」
直接顧客から改造車を買い付け、業者のみしか参加できない「オートオークション」に出品、または自社系列の販売店などに流すなど、買取に特化した業者です。
改造車の仕入れ先に関しては、もちろんユーザーから直接になります。
仕入れた改造車は、すぐに捌いて在庫として保有することがない為、様々な経費を削減でき、販売店に比べて高額買取が可能な場合が多い事が特徴です。

 

下取りと買取り、個人売買
次に、頻繁に出てくる用語の違いをしっかり把握しておきましょう。
「買取り」
これは単純に、「現在所有している改造車を売却し、代金を受け取る事」です。
買取り価格の相場は「業者間オークション」の相場を基準として算出されます。もちろん、改造車を売って手に入れたお金は、何に使っても構いません。
また、この相場は地方によって多少なりと異なりますが、大手の買取専門チェーンの場合は、全国区での自社基準を元に算出されますので、高額買取のポイントとなる場合もあります。
「下取り」
これは、「現在所有している改造車を引き取らせ、同じ販売店で購入する改造車の資金に充てる事」です。
下取り価格の相場は、各社の「改造車種別下取り基準金額」を基準に、状態を減額しながら金額に反映していく(減点方式)というのが一般的です。先の「業者間オークションの相場」とは直接無関係です。そして改造車を売って手に入れたお金は、自動的に次の改造車の購入資金に充当されますが、購入時の値引き額との線引きがあいまいになってしまう場合があり、明確に「前の改造車の下取り価格」がわからなくなってしまう場合もありますので注意が必要です。
「個人売買」
知人同士でのやりとりや、一般ユーザーが参加可能なオークションなど、「中間に業者が入らない改造車の売買の方式」の事を指します。
中間業者がいない分、売り手は買取り相場よりも高い金額を設定でき、買い手は、販売店よりも安い金額で入手できるといったメリットがあります。
しかし、個人同士での信用取引がすべてですので、いろいろなトラブルがあるのも実情ですから、やはり注意が必要です。

 

事前買取と本買取
今のあなたの改造車が、世の中の相場としていくらになるのか。極端な話ですが、5万円でしか売れないのか、100万円で買い取ってもらえるのかというレベルで、まずは相場自体をチェックします。
「事前買取」
先の項目で触れましたが、業者によってこの買取額は、極端ではないにしろ、差がありますので、1社でも多く見積もってもらうのがよいでしょう。その時に便利なのが「オンライン買取」です。実際に販売店などに出向いて買取を依頼する場合、いくら複数の業者を競合させたほうがいいとはいえ、例えば10社〜20社と回るとなると、その労力たるや相当なものになってしまいますが、オンライン買取であれば、自宅にいながら簡単に多くの業者に買取を依頼出すことが可能です。ただし、ここで得られる金額で実際売れるわけではありません。あくまで平均的な概算で、事前買取を依頼するわけです。
「本買取」
事前買取をする事で、該当改造車種の平均価格がわかりました。次は、よい条件で事前買取をつけてきた業者を対象に、実際にプロの目から見た、"あなたの改造車自体"に値段をつけてもらいます。
現物を事細かくチェックを行い、買取り金額そのものを決めていきます。
中には無料でご自宅まで業者を呼べるサービスを提供している会社もありますので、優先的に利用するのもよいでしょう。この時の注意点としては、"わざわざ来てもらったからと言って、その場で決定しない"ということです。「申し訳ないような気がする」などと気にする必要はありません。実際の交渉の進め方は後述します。

 

一括買取とは
さて、事前買取ですが、「1社でも多く依頼する」というのは、前項で触れた通りです。複数の見積りが手元にくる為、より高額を提示する業者を選定する。
しかし、いくらインターネットでのオンライン買取の依頼ができるとはいえ、たくさんの業者に同じような内容を何十通も連絡して、個別にやりとりして・・・というのも、とてつもない労力ですね。
そんなときに、とても便利なのが「オンライン一括買取」です。
これは、あなたご自身と、改造車の属性情報(氏名、住所、連絡先、改造車のメーカー、改造車種型番、といった情報)は、一括買取サイトなどに、初回にたった一度、ほんの数分の登録作業をするだけで、その情報を元に一度に数十社に対して、一括で事前買取を依頼できる・・・というものです。
初動の労力が格段に軽くなるうえ、依頼が一元的に行えるので、すべての業者に対して同じ内容で行えるといったメリットは大変魅力的です。
そして、業者としても、多くのライバルと競合している事が最初からわかっているので、金額的にももちろんですが、さまざまなメリットを押してきますので、最初から1社に絞っている場合と比較すると、非常に有利に交渉を進める事ができます。
もちろん、このサービスを使うことで、かならずどこかしらと契約しないといけない、などという縛りはありません。条件にあわなかったら売らなくてもかまいません。
無料で、この一括買取サービスを提供しているサイトも多いので、積極的に活用してみましょう。

 

複数社に買取を依頼するメリット・デメリット
前項で触れてきた、より多くの業者に買取を依頼する事について、あらためてメリット・デメリットをまとめてみました。
「メリット」
その1:高額買取がでやすい。
競合他社が、それこそ競うように少しでも他社より有利になるような見積もりを提示してきますし、付加的なサービスにも期待が持てます。そして、そもそも、世間の相場価格以下で買いたたかれる・・・といった最悪のケースを回避できます。
その2:業者によっての得手不得手の為に損をすることがない。
例えば業者Aは旧改造車に目が利く、業者Bは社外品(エアロパーツ、カーナビ)をプラス評価してくれる、業者Cは外装のマイナス評価がゆるやか・・・など、業者ごとに特色がある場合があります。せっかくお金をかけて社外品をつけても、それを評価しない業者B以外の会社にとっては、改造点は逆にマイナス評価だったりしますので、幅広く見積もりをとる事は重要です。
「デメリット」
その1:買取に要する時間(期間)が長い。
もっとも大きなデメリットのポイントです。
複数の買取業者に本買取の依頼をすると、当然ながらその業者すべてに対して、買取時立ち合いが必要になります。
例えば慎重に10社に本買取を依頼した場合ですと、1社最低でも1時間強かかりますのでカツカツのスケジュールを組んでも10時間以上、現実的には数日間に分けて、買取の立ち合いの為の日を確保しておく必要があります。
その2:人気改造車種の場合、業者が粘る。
人気改造車種の高年式改造車は、業者も必死で確保しようとしてきます。電話なども頻繁にかかってくる事もあるかもしれません。

 

買取りの流れ
前項では頻出する用語やサービスの種類などの整理をしました。
次は実際に改造車を売る場合、どういった流れになるのか、といった具体的な話に移ります。
大まかには、以下のような流れで処理します。
「インターネットで事前買取⇒買取結果を確認⇒電話、メールで日程調整⇒現物を本買取し見積もり金額を算出⇒気に入れば成約⇒後日、改造車を回収」です。
パソコンで買取に申込→買取会社と電話連絡→実物の改造車を買取→後日、改造車を売却、回収
大体、上記のような流れで進んでいきます。

<PCで買取>

最初にインターネット上で自分の改造車の改造車種・型番、年式などの必要項目を入力し、一括で買取りの予想価格が画面に表示されます。
(一括買取買取のサービスではなく、買取店の買取サービスで申し込む場合は入力項目が少い場合があります)
<買取り買取サービスと電話連絡>
申し込み完了後、(翌日が多い)に、改造車買取買取サービスを行う会社から連絡が入り、現物を買取するための日程を決めます。時間帯は土・日・祝日や仕事が終了した後でも来てくれる場合が多いので自分の都合の良い日を指定する事ができます。
<現物を買取>
電話連絡の際に決めた日程に、買取買取サービスのスタッフが実物の改造車を見て、買取り価格を買取します。改造車についたキズやへこみ具合などもこの際にチェックされるので、買取り価格を少しでも引上げたい場合は必ずキレイに磨き上げておきましょう。
多くの場合は、この買取を行った後で、一番高い見積りを提示してくれた買取り会社に改造車を買取ってもらうことになります。
買取をしてもらったからといって、必ず売却しなくてはいけないわけではありません。
<マイカーの回収>
買取りの契約をしたのち、マイカーを回収してもらう日程が決まりますので、その日にちに合わせてマイカーを引き取ってもらいましょう。
ちなみに買取買取時にそのままマイカーを持っていかれるわけではないのでご安心を!(むしろ当日に買取って欲しい方は、電話で事前に連絡しておくと良いかもしれませんね)

 

事前の準備 必要な書類の準備
改造車を手放す場合に、必要な書類は以下の通りです。
小型・普通改造車の場合。
1.改造車検査証(改造車検証)、2.自賠責保険証明書、3.改造車納税証明書、4.印鑑登録証明書、5.リサイクル券(預託証明書)、6.実印、7.印鑑証明書8.委任状(販売店に登録手続きを代行させる為に必要な書類。必ず実印が必要。)、9.譲渡証明書(譲渡証)(改造車を新しい持ち主に譲った、という証明書。必ず実印が必要。)、10.銀行口座
小型・普通改造車の場合には、実印は必須になります。その為、印鑑登録証明書(印鑑証明)も必要ですが、軽改造車の場合には、認印だけでかまいません。
軽改造車の場合は、必要な書類はもっと少なくて済みます。
軽改造車の場合。
1.改造車検査証(改造車検証)、2.自賠責保険証明書、3.軽改造車納税証明書、4.リサイクル券、5.認印、6.銀行口座
上記書類を紛失してしまっている場合には、再発行を受ける必要があります。再発行を依頼する機関は以下の通りです。
改造車検証は運輸支局。自賠責保険証明書は保険会社。印鑑証明は住民票のある市区町村役所。納税証明書は、運輸支局の改造車税事務所や都道府県の税事務所(軽改造車の場合、住民票のある市区町村役所)。リサイクル券は改造車販売店です。
また、次の場合には、さらに追加で書類が必要になります。
改造車検証の住所と現住所が違う場合は、住民票。さらに住所を2回以上変更している場合戸籍の附票、もしくは住民票の除票。結婚して姓が変わっている場合は戸籍謄本も必要です。

 

事前の準備 その他必要なもの
前項では、改造車を手放す時に絶対に必要となる書類をリストアップしましたが、ここでは、「なくても買取りは成立するが、あれば高額買取につながるもの」といったものをご紹介します。
まずは「定期点検整備記録簿」です。これはその改造車が過去にどういった整備を受けてきたか、という状況を記録したものです。点検、整備した項目のほかに、オーナーの名前や登録番号(ナンバー)、改造車体番号、点検整備した日時と検査責任者の名前、該当の検査を行った時点の走行距離が記載されています。きちんと記入された記録簿があれば、管理状態が一目で把握できるので買取士の印象もよくなり、高額買取につながる事が多いです。国産改造車のほとんどが保証書と一緒に管理されている事が多いです。
つぎに「取扱説明書」です。出荷時の改造車内装備ではつい見落としがちですが「取扱説明書」の有無でも買取額に影響します。きちんととってあれば買取時にプラスになります。改造車内装備は次のオーナーがきちんと使える状態になっていてこそ価値があるのです。改造車本体の説明書はもちろんの事、後から付けたカーナビなどの装備、純正品・社外品を問わず、取扱説明書は買取前に準備しておきましょう。
 ほかには、「法定点検以外の整備記録」です。ガソリンスタンドやカーショップなどで有料で行った点検、整備、修理の記録を準備しましょう。正式な記録である必要はありません。レシートやメモなどをわかりやすい形でまとめておきましょう。実際に買取額上でどのくらいの金額の差になるかはわかりませんが、「改造車を大切に扱ってきた」というアピールポイントになりますので、買取士の心象は全然かわってきます。

 

事前の準備 買取の依頼
複数の業者に依頼をかけるメリットは、前述した通りですが、つまりは1つの業者と個別に交渉すると、売り手であるあなた個人と、改造車業界のプロである業者との、素人対玄人の1対1の図式となってしまい、売り手側が致命的に不利になります。これでは高額買取など夢にも実現しません。
必要なのは、業者間で競合させて、相見積もりを行い、よりよい条件で業者が競い合ってあなたの改造車を取り合う、という図式にしないといけません。
その為にもっとも有効、かつ便利なのが、インターネットによる一括買取なのです。
一括買取サイトでは、売り手であるあなたと、商品であるあなたの改造車の情報を一度入力するだけで、その情報を元に、最も好条件の買取額を提示した業者と、希望する金額により近い価格を提示している幾つかの業者のみに、本買取を依頼することで、労力と時間の無駄を大幅に削減することができるのです。
実際には5社〜10社に、改造車を買取に来てもらう、というのが現実的でしょう。
よくあるパターンとしては、オンライン買取で概算を出したのち、翌営業日などに業者からコンタクトがあり、実際に買取にきてもらう日程を調整する、といった流れになる事が多いと思います。
時間帯についても、土日祝日も対応してくれますし、お仕事の終わった夜間帯にも対応してくれる業者がほとんどだと思います。こちらの都合のよい時間で話を進めましょう。
電話でのやり取りが負担に感じる場合は、最初にメールでのやり取りを希望する旨を伝えておけば、何社からも、何度も、電話で話をする事もなくなるでしょう。

 

改造車の買取〜契約成立
オンライン買取で業者を絞り込み、日程の調整が済んだら、あとは買取士が来るのをまつばかりです。必要な書類はそろっていますでしょうか。改造車はキレイに磨きましたでしょうか。改造車を大切にしてきた、というアピールの為の材料はそろっていますでしょうか。まだでしたら、急いで対処しましょう。トランクに荷物が積まれていたりしませんか。荷物があるだけの事でも「荷物がある=すぐに売る気がない」という事で「積極的に売りたいと思う姿勢」を疑われてしまいます。
結局のところ高額買取には、買取士の心象を良くすることがとても大切なのです。普段やらないようなところまで、キレイにしてみましょう。詳しくは後述しますが、ちょっとした工夫や手間で、買取額は大きく変わります。
ですが、良く思われたい一心で、ウソをついたり、必要な申請を怠ったりという事では、まったく逆効果です。買取士はその道のプロですので、ざっと見ただけでも、まずほとんどの状況を把握してしまいます。つまり、事故歴の隠ぺいや、メーターの改ざんなどのウソは即座にバレてしまうのです。万が一、買取のタイミングでわからなかったとしても、その後、引き取った後に検査が行われますが、その時点でかならずわかってしまいます。
どうせわかってしまうのなら、隠した後から発覚した場合、業者も強気で交渉に出てくるでしょうし、そうして問題を大きくするよりも、最初から正直に申告したほうがよいでしょう。
いずれにしても、正直にアピールする事が一番大切です。

 

いつ売ればいいの?
はっきりとした根拠はありませんが、改造車業界全体で一番動きが活発になる時期は、4月〜7月、そして9月、といわれています。この時期に向けて相場が上がっていきますので、それに合わせて手放す、というのが「時期」という事だけを考えると一番いいのかもしれません。
また、例えば軽改造車の場合は春先、オープンカーの場合は春から夏にかけて、そして冬場は4WD、FF改造車といったように、季節によって相場が若干変動する改造車種もあります。
逆に、相場が下がる時期は11月〜12月です。
改造車の買取額を決定する大きな要素として、「年式」がありますが、年式が1年違うだけで、数万円〜十数万円もの差額がある場合もあります。この年式が切り替わるのが、当然年始ですので、年末に手放す、というのはどうしても不利と言わざるを得ません。
といったような一般論はもちろんありますが、基本的には買取額を決める要素としては、「走行距離」や「状態」の占める割合のほうが非常に大きいのは事実です。そのため、少しでも走行距離の短い状態、事故や不注意などで、キズなどつけてしまう事がないうち・・・という、つまり「いますぐ」というのが売り時ではないでしょうか。明日ぶつけてボディを凹ませてしまうかもしれませんからね。
「改造車を乗りつぶす」というのが経済的とは言い切れません。なので、改造車検などの費用も考えつつ、維持費と買取額のバランスをはかりながら、高額買取をみすみす逃す事のないように売り時を慎重に見定めましょう。

 

自賠責・改造車検が切れそうなんだけど?
改造車検が切れそうな場合、改造車検は通さずそのまま売却をすすめるか、改造車検を通してから売却するか、と考えた時に、どちらが得なのでしょうか。
答えは、一般的には「改造車検は通さずそのまま売る」が正解の場合がほとんどです。
よほどの低料金で改造車検を通せる場合を除いてはそのまま売却をすすめましょう。無理に改造車検を通しても、買取額が改造車検費用以上に上乗せされる事はまずありません。
業者はプロですから、改造車検なしでその改造車を買い取った後、当然自社で改造車検を安く通す事ができますので、その金額以上に買取額に影響がでないのです。
もし、改造車検が半年近く残っている改造車を売却した場合、買い取った側のお店からすると、改造車検が十分に残ってるような場合であれば、それだけ売れやすくなりますので、買取額にはプラス評価はあるでしょう。
またすぐに次のオーナーに売れれば問題はありませんが、売れなかった場合は、まったく乗らない状態なのに無駄に半年間の改造車検分を補填するような額を買取で出してしまうと、その分お店側の赤字になってしまうのです。
また、改造車検が完全に切れてしまっている場合は、当然自走はできませんので、買取に出すのも相当大変ですし、引き取りに来てもらう事で売却が成立したとしても、牽引改造車の手配などの分を買取額から差し引かれてしまうでしょうし、改造車検が切れてからの期間が長ければ、乗ってない時間も長いということで、トラブルを内包しているという疑いから、買取額には相応のマイナス評価がなされるでしょう。

 

税金滞納中でも売れる?
ここでいう「税金」とは、「改造車税」の事を指します。これは、毎年4月1日午前0時の時点で、運輸支局に登録されている改造車の所有者、または使用者に対して課せられる都道府県税の事です。改造車の売却にあたっては、元の所有者(つまりあなた自身)から、買取店、さらに次のオーナーへと、所有権の変更がされる事になりますが、円滑に処理する場合、「改造車税納税証明書」が必要になるのです。
つまり、この納税がされていない、滞納している状態だと、スムーズに売却処理を進める事ができません。
書類の処理上の話だけですと、改造車税の滞納、未納がある場合であっても、名義変更の処理自体は可能です(ただし、改造車検を同時に受ける場合を除く)が、さまざまなトラブルや、処理の煩雑さから、一般的に買取業者は、「税金の未納分がある改造車は扱わない」という原則がありますので、そのままでは、まず買取は難しいと思われます。
そもそもクルマ云々を問わず、改造車税に限らず、税金の納付は義務ですので、まずは、早急に滞納分の納付をすませてから、その後に買取を依頼するなど、改造車を手放すための手続きを取る事をお勧めします。
もしも、引っ越しなどで、住所変更などがあり、納税先が変わった場合でも、以前は新たな管轄への納付と、旧管轄からの還付など、手続きが煩雑でしたが、現在はその制度はありません。
納税の処理などを買取業者に依頼した場合、買取金額から納税分と相応の手数料を差し引かれての契約が成立した、という事例があります。

 

ローン中でも売れる?
基本的な考え方として、ローンは完済してから売却する、というのが理想ではありますが、残債がある場合でも可能ではあります。
ただ、ローン残債がある改造車を手放す場合は、その「所有権」がポイントになります。
原則として、改造車を売却するにあたり、改造車の所有権(改造車検証に記載された名義)があなたのものでないと、売る事が出来ないのです。
それは現在契約中のカーローンの借入先(金融機関なのか、信販会社なのか)、または契約内容によって、手続きの種類、方法、条件などが変わってきます。
まずは一般的な銀行などの「金融系(ローン)」の場合であれば、これは特に問題ありません。「改造車を買う為のお金を銀行から借りた」という形である為、改造車の名義は最初から購入者であるあなたのものになっています。よって、残債がある場合でも売却は可能です。
しかし、「信販系(クレジット)」ですと、ローンが完済するまでは、あなたは改造車の「使用者」という立場で、「所有者」はあくまで信販会社なのです。なので、改造車検証の名義には信販会社や販売店の名前が記載されています。
このため、残債のある現在契約中のローンが、この「信販系(クレジット)」ですと、以下の方法で、まずローンの完済をする必要があります。

 

1.現金を用意し(方法は問わず)、クレジットを完済する。2.買取業者に売却した代金でクレジットの残債を返済する。3.販売店に相談。改造車を買い替える場合、新しく購入する改造車のローンに残債を上乗せする(下取りの場合のみ)

 

クレジットを完済すれば「所有権解除」ができ、改造車はあなたの所有物になりますので、自由に売却する事が可能です。
業者への売却する改造車の代金が、ローン残債を上回る場合には問題はありません。あなたにはその差額が支払われる事になります。逆に、改造車の売却代金がローン残債を下回ってしまう場合、その差額を補てんする事で売却できます。

 

改造改造車は売れないの?
改造車を購入した後で、パーツを取り付けたり、交換したりして、自分の好みに合うようにドレスアップ・チューンアップしたという人も多い事でしょう。改造車メーカーが出荷時に装備、または製造・販売しているパーツを「純正品」と言うのに対して、それ以外の会社が製造・販売しているパーツを「社外品」と言います。社外品にも流行や人気の傾向があり、売れ筋のパーツを取り付けてある改造車は、プラス買取となる事が多いです。
この為、「改造は買取にマイナスになるのでは?」というイメージから買取前に無理にあわてて初期状態に戻そうとして、取り外す努力をするよりも、そのままの形でまずは買取してもらったほうがよいと思われます。
人気のあるパーツや新しい製品は、次の購入者にとってもありがたい場合が多いですからね。
よくある改造として、例えばカーオーディオですと、純正品、人気ブランドのものは、やはり高買取ですし、カーナビの場合も同様、HDD搭載で、DVD再生機能、地デジ対応TV搭載などは人気です。こうしたものは新しい機種は充分に高額買取が期待できます。
また、社外品のエアロパーツや、改造車検に対応しているマフラーなども高額買取の可能性はあります。
ただ、業者によっては、改造の内容に得意・不得意なジャンルがある事もありますし、改造改造車自体の価値基準も業者によってまちまちですので、複数の業者に買取を依頼し、比較する事をおススメします。
万が一、どの業者にも受けがよくないパーツの場合、ご自分で取り外して、中古パーツ専門店に別途持ち込んで引き取ってもらう、という方法もありますので、買取士に相談してみましょう。

 

改造車は売れないの?
事故の状態、内容、破損の程度にもよりますが、修理するよりも、改造車として売却したほうが高く売れる場合もあります。修理した場合、修復歴あり、という扱いになり、買取額が大幅に下がってしまうケースもあります。あきらめずに業者に相談してみましょう。
そして、なぜ動かなくなった改造車がお金になるのでしょうか。その答えは海外輸出にあります。
世界には、故障した改造車や部品を修理して、再利用している国がたくさんあるのです。日本国内の市場では改造車にするしかない、というような状態の改造車も、特に日本製の改造車は、人気改造車、高級改造車はもちろん、大衆改造車、商用改造車問わず、高品質で壊れにくく、しかも燃費が良い、ということで、高値で取引されています。
また、全損状態で走行できない場合であっても、部品取りとしてのニーズがあり、パーツ単位で再利用が行われている場合もあります。こうしたことから、改造車であっても、買取りの対象になることが多いのです。
しかし、どの業者でも必ず、常に一定の金額で買取りが成立する、というものではありません。そのうえ、確たる買取基準がある、というものではないので、業者によって、買取額や対応もまちまちな事と思います。やはり、国内外に太い販売経路をもつ、大手の業者が有利かもしれませんが、この場合でも1社でも多く買取を依頼して、比較検討をしてみるとよいでしょう。
大切にしてきた改造車が、残念ながら事故で動かなくなってしまった場合でも、そうして買い取られた改造車が、海外でキレイに修理されて、それぞれの国の空の下で、第二の人生をスタートできる、というのも心情的にいいものでしょう。

 

足元を見られないように
今回は、一括買取で複数社から見積もりを出させる事を前提としていますので、そもそも条件的には当てはまりにくいかもしれませんが、なかにはこちらが改造車に詳しくないと知ると、改造車の買取の時に低めの金額を提示してくる事も考えられます。
できればそんな業者との取引は避けたいですが、それでも相手のペースで交渉を進めたくはありませんよね。なので、相手の言い値で押されないようにするためには、そもそも、こちらから金額を提示するのを避ける事です。
これは改造車に限った事ではありませんが、まずは絶対に弱気になってはいけません。商品である改造車を売りに出すのはあなたのほうですし、主導権は常に握っているようにしましょう。
そして商談において非常に重要な事は「いくらで売りたい」という具体的な希望の数字は、必ず相手に先に出させるようにして、そこから吊り上げるような話をしましょう。
最初にこちらから「少なくともXX万円で売りたいんですよね」などと口に出してしまうと、そこが交渉の開始点で、かつ上限値となってしまうからです。絶対にその額以上の数字にはなりませんので注意しましょう。
そして、しっかり複数社に見積もり依頼している事を伝えれば、相手もおいそれと乱暴な数字は出してこないでしょう。(もちろん、オンラインの一括買取を使えば、業者側も最初から競合相手が居る事が解るため、伝える手間も省けます)。
そして、改造車の買取が終わっても、必ず即決を避けましょう。今回の商談が常に複数社で競合してるという姿勢を崩さないようにしてください。

 

買取ミスの責任のゆくえ
事故歴のある改造車を手放す場合もあるかと思いますが、もちろんその改造車も商品としての価値はありますので、商談の対象になりますね。それには、正直に改造車であることを最初に申告していれば、商談としては何も問題はないはずです。
買い取る側も、改造車であると認識した上で売買の契約が成立した場合、商談はそこで終了ですよね。しかし、もしも改造車である事が原因で、後からクレームがついた場合はどうしますか。
例えばもう改造車を売ってしまった数か月後に業者から連絡が来て、「事故の損傷が買取時の想定よりもひどく、転売時に損失がでてしまった。赤字補てんの為にも、あなたに一部負担してほしい。」というようなクレームが来たら、非常に後味の悪い思いをしますよね。
買取時の、あきらかな事故歴の隠ぺいや、メーターの改ざんなどのウソの申告などがない場合は、もちろんクレームは無効です。まぁこれは極端な例ではありますが、このような場合は当然ながら、買取時に損傷の度合いを見抜くことが出来なかった業者の落ち度ですので、売り主であるあなたには、何の責任も発生しません。
こうした問題が発生しないよう、大手の業者や、老舗の業者などの信頼のおける会社と取引するように心がけましょう。たとえば一括買取の依頼時に、概算の買取額が一番よかった、などという理由だけで簡単に即決したりせずに、きちんと相手が信頼に足る会社かどうかを、よくよく見分ける事が重要になってきます。こういった部分にも十分に注意しましょう。

 

キャンセル料の請求
買取業者は、売買契約が成立すると、オートオークションなどで、すぐさま改造車を売りに出すアクションを起こします。これに時間をかければかけるほど、商品である改造車は、会社の在庫として経費がかかってしまうからです。しかし、いったん売買が(契約上)成立したあとで、元オーナーのなんらかの事情でキャンセルした場合、キャンセル料が発生するのですが、このキャンセル料を巡って、トラブルになるケースが多く、消費者センター(国民生活センター)に問い合わせが多数よせられているのだそうです。
元オーナーの事情でのキャンセルですので、契約不履行という形になりますが、店舗での無料買取でよくあるケースで、「自分の改造車の相場が知りたい」という軽い気持ちで買取したら、強引なセールストークに負けてしまい、売買契約を結んでしまった。あとから落ち着いて考えると、やはりまだ売りたくないと思い、解約のお願いをしにいったら、既にキャンセル料がかかるといわれた・・・といったパターンです。
これは、どちらかというと、契約内容を把握していない元オーナーの責任であるところが大きいのですが、消費者センターでは、業者側へも「キャンセルに関しての説明」を徹底するよう指導しています。そして、解約を申し込んだタイミング(契約書を交わしただけの状態、改造車検証の提出を終えた状態、オークション会場に改造車が搬入された状態、オークションで落札済の状態)についてのキャンセル料の扱いを約款に盛り込む事を定めています。
いずれにしても、こうした問題は、即決してしまう事の弊害ですので、やはり商談は慎重に、と言わざるを得ません。

 

その他のトラブル
明確なトラブルではないにしても、こんな時どうしたら?・・・というものを列挙してみました。お役に立てれば幸いです。
【改造車税の還付が受けられない】
これは平成18年4月から制度が変更になりました。売買によって名義が書き換わったとしても、新たな課税はありませんし、税金の還付もありません(登録抹消の場合を除く)。
【名義変更が遅い】
通常、改造車の名義は売った業者に書き換わりますが、すぐ次のオーナーが決まった場合などは、直接名義を書き換える場合があるそうです。この場合、名義変更の手続きが遅れる事が十分に考えられます。もしも、あなたの名義のままで重大な事故を起こされてしまったような場合、事故の責任の一端をあなたが担わされないとは限りません。きちんとした業者であれば、手続きの完了通知などの対応もしてくれると思いますので、契約の際に確認をしておくのもいいかもしれません。
【しつこく電話がかかってくる】
業者のほうも無料買取とは言っても商売ですので、人気改造車種の場合などは特にそうかもしれませんが、積極的な営業をかけられる事があるかもしれません。こうした商談の場合には、引き際にあいまいな態度をとってしまったり、良い値段を引き出そうとして粘ったりすると、業者側もどうしても熱が入ってしまいますので、後まで粘られてしまう事もあるかもしれません。なので、契約の意思がない場合は、きっぱりとした態度で断る事が大切です。また、一括買取などで、一方的に連絡がくるような場合は、初めから電話でのやり取りを不可、として、メールでのやり取りのみ受け付けるという旨、はっきりと明記しておくとよいでしょう。